やまぐち情報

つこーてみーさんせ。/やまぐち方言講座

 日頃使っている言葉を見つけたり、思い出して懐かしくなったり、初めて聞いて驚いたりと、再発見や新発見の連続です! 方言の面白さを、やまぐち弁を通して感じてください。

や行

〜やある 意味 尊敬語「〜される」
例文 先生がきやーた
(先生が来られた)
やいと 意味 お灸
例文 やいとしたら、かるーなったわ
お灸したら、軽くなったよ)
やいとすえる 意味 お灸をすえる、お仕置きする、厳しく叱る意味
例文 いたずらばっかりしちょったら、やいとすえる
(いたずらばかりしてたら、お仕置きするよ)
やうつり 意味 引っ越し、新築の家に移り住むこと、転居
例文 新居が完成したらやうつりするけぇ
(新居が完成したら引っ越すから)
やおい 意味 柔らかい
例文 アイスクリームがやおーなっちょら
(アイスクリームが柔らかくなってるよ
やかましい 意味 うるさい、騒がしい
例文 やかましゅうて本が読めん
うるさくて本が読めない)
やし 意味 卑怯、ずるい
例文 それは、やしじゃろー
(それは、ずるいでしょう)
やだれ 意味 軒下
例文 雨が降ってきたけぇ、やだれにおろうや
(雨が降ってきたから、軒下にいようよ)
やっさもっさ 意味 大騒ぎでするさま、せかせかと
例文 やっさもっさで出かける準備しよったよ
大騒ぎで出かける準備してたよ)
やでない 意味 やかましい、面倒くさい
例文 ぶちやでないっちゃ
(すごくやかましいわ)
やびやびする 意味 ひりひりする
例文 お茶で火傷して、口の中がやびやびするっちゃ
(お茶で火傷して、口の中がひりひりして痛いよ)
やねこい 意味 うっとうしい、面倒くさい
例文 やねけーことになったのー
面倒くさいことになったなあ)
やぶつ 意味 壊す
例文 パソコンにあたんして、やぶつつもりかね?
(パソコンに当たって、壊すつもりなの?)
やぶてる 意味 壊れる
例文 テレビがやぶてた
(テレビが壊れた
〜やる 意味 〜しなさる、〜していらっしゃる
例文 なんせやーるの?
(何をされているのですか?)
やるまー 意味 やらないでおこう
例文 今日は掃除やるまー
(今日は掃除をやらないでおこう
やれこら
(やれこらさ)
意味 よいこらしょ
例文 よいよ、やれこらじゃねえ
(本当に、一苦労だね)
やれそら 意味 すぐには、直ちに
例文 明日までっちゅーてもやれそらできんっちゃ
(明日までって言われてもすぐにはできないよ)
やれまー 意味 できないだろう
例文 そねーゆーても、やれまーじゃろ
(そんなこと言ってもできないでしょう
やれません 意味 やっていられない、耐えられない
※発音する時は、“れ”にアクセント
例文 はぁ、やれませんにーねー
(もう、やっていられないですよ)
やれやっと 意味 ようやく、やっと
例文 やれやっと、いんでこれたいね
やっと、帰ってこられたよ)
やれん 意味 辛抱できない、堪えられない
例文 こねーにおそーまで、やれんっちゃ
(こんなに遅くまで、辛抱できませんよ)
やんばい 意味 丁度良く、正しく、丁寧
例文 やんばいにたとみーさんよ
きれいに畳みなさいよ)
ゆう 意味 空いている、ゆっくり、楽
例文 昼過ぎりゃー、ちーとゆーになろーいね
(昼を過ぎれば、少しは空きが出るでしょうよ)
ゆきやけ
(かんばれ)
(かんやけ)
意味 しもやけ
例文 指にゆきやけができて、痛痒いっちゃ
(指にしもやけができて、痛痒いよ)
ゆっくゆっく 意味 とてもゆっくりなさま
例文 ちゃーがかやれんよーに、ゆっくゆっく歩きんさい
(お茶がこぼれないように、そおっと歩きなさい)
ゆわえる
(いわえる)
意味 結ぶ、縛る
例文 髪が面倒ないけえ、ゆわえちょき
(髪がうっとうしいから、結んでおきなさい)
ゆんや 意味 昨夜
例文 ゆんや、怖い夢を見てしもうたいね
昨夜、怖い夢を見てしまったよ)
よい
(よーい)
意味 呼びかけの言葉
例文 よい、きーさん
ほら、来なさい)
よいよ
(よんよ)
意味 まったく、本当に
例文 あの子はよいよ、じらくりでのー
(あの子は本当に、わがままでして)
よいたんぼー 意味 酔っ払い
例文 よいたんぼーは、ほっちょきさん
酔っ払いは、放っておきなさい)
よう 意味 よく
例文 ようできちょる
良くできている)
ようおいでました 意味 よく来たね
例文 わざわざ遠くからようおいでました
(わざわざ遠くからよくいらっしゃいました
ようやらん 意味 とても〜できない
例文 そねーに難しいことはようやらん
(そんなに難しいことはとてもできないよ)
よーけ 意味 たくさん
例文 よーけもろーても困るいね
たくさん貰っても困るよ)
よくどーばり
(よくど)
(よくな)
意味 欲張り
例文 よいよよくどーばりなんじゃけぇ
(本当に、欲張りなんだから)
〜よく 意味 〜している
未来進行形で、他者とは別の動作や行動をする意思を表す。
例文 そこにおっちょっていいよ! 他に車が来ないか見よくけぇ
(そこに居ていいよ! 他に車が来ないか見ておくから)
よこし 意味 横、隣
例文 よこしにせーさんな
横に寝せないの)
よーさけない 意味 濡れて不快なさま、じめじめして鬱陶しい
例文 雨に濡れてよーさけないーね
(雨に濡れてしまって、じとじとして気持ち悪いよ)
寄す 意味 仲間に入れる
例文 私の友達も寄しちゃげて
(私の友達も仲間に入れてあげて
よーず 意味
例文 よーず上げに行かん?
上げに行かない?)
よーだ 意味 呼んだ
例文 よーだら手ぇー挙げさんね
呼んだら手を挙げてくださいね)
よっぴいて 意味 一晩中
例文 よっぴいてあそーじょったら、ぬすとに会うよ
一晩中遊んでいたら、泥棒に会うよ)
よばれる 意味 ご馳走になる、招待される
例文 そんなら、よばれよーかいの
(それなら、ご馳走になろうかな)
よぼう 意味 液体が容器その他の外面を伝って下方へ垂れていくこと
例文 この醤油さし、よぼうけぇ気いつけさん
(この醤油さし、垂れるから気をつけてね)
よーやっと 意味 ようやく
例文 かっちょった本、よーやっと読み終わったけぇ
(借りていた本、ようやく読み終わったから)
〜よりました 意味 〜していました
「〜よる」の丁寧語。完結している場合は「〜ちょりました」
※発音する時は、“よ”にアクセント
例文 テレビがつぁーらんけぇ、寝よりました
(テレビがつまらないから、寝かけていました
〜よる 意味 〜している
進行形の行動に使用。完結している場合は「〜ちょる」
例文 しよるん?
(何をしているの?)
よわります 意味 困ります、申し訳がありません
※発音する時は、“わり”にアクセント
例文 そねーまでせてもろーたら、よわりますいね。
(そこまでしてもらったら、申し訳がありませんよ)
よんぼん 意味 4本(よんほん)
例文 よんぼんでえーかね?
4本で良いですか?)

わしが山口弁教えるけぇ、つこーてみーさんせ。

※僕が山口弁を教えるから、使ってみてください。

ふぐっち
  • ※情報の正確性につきましては、できる限り配慮しておりますが、必ずしも保証するものではございません。あらかじめご了承ください。